貸し借りはよくない。

お金を借りるという事は、どんな少額でもやってはいけないと思う。
一番ありがちなのが、ちょっと100円貸してとかがあると思います。

どこかでお釣りをもらったら返そうと思っていてつい忘れてしまうなど一度は経験した事があると思います。
少したってから借りていたことを思い出してどうやって返そうと焦ったことがあります。

消費者金融(キャッシング)も同じこと。自分の身の丈に合わない買い物や行動を起こそうとするからお金が足りなくなります。まずは現状をよくみて行動をする事が大事です。

私は以前善意で人にお金を貸したことがあります。
友達・恋人どちらにしてもお金の無心をされた時点で自分の価値が下がっていることを思った方が良いと思います。

又、貸す場合は簡単でかまわないので借用書を作ること。(私はこれで失敗しました)
私は人に貸した経験があるため、絶対に人からお金を借りることはしません。借りてまでして手に入れたものに価値があると思えないからです。

ただ、家族が病気になりどうしてもお金が必要になった場合はどうなるか考えます。
その際は、土地や家財道具を売るなどしてお金を作りどうしようもなくなった場合、親せきや友人に借りたりするのかなと思います。

お金と命は比べることができないですからね。
お金って本当に怖いものだと思います。お金がらみで様々な犯罪が起きています。

お金に困る生活を送らないために、今何をするのか。自分の見栄で人に迷惑をかけてまでやりたいことなのか。
ちなみに私が友人に貸した時の理由は、個人事業主になって運転資金が足りなくて30万貸してほしいと懇願されたので、貸してしまったのですが、

運転資金が足りていない時点で、お金を貸すのではなくどうやって今後も続け行くのか・続けていくには何をすべきなのかを話し合った方がよかったと今となっては反省しております。

結局はその数か月後に倒産。貸したお金は一年半以上たってから返済開始でした。
お金を貸したことで目の前の苦難は去ったかもしれませんが、根本的なことが変わらなければ意味がないと勉強しました。

また、私からお金を借りるのではなく、銀行など金融業者からしっかりと融資を受ければよかったのに。とも思いましたね。

このような所で・・・・借りれる金融

ってか、もう借りれる状況じゃなかったのかな・・・。

まぁとにかく、個人ではお金の貸し借りって怖いししない方が良い。
それより、なんで必要なのかどうすれば今後大丈夫なるのか、そのために自分が何ができるのかや本当にそれが必要なのかをきちんと考えて行動することが大事だと思います。

貸し借りは簡単にできてしまう事。簡単であるから借りた人は罪の意識も少なく返済が滞ったりして相手が困っていてもそれ以上に自分が困っていると思っているから考えようとしない。

借りて潤ってしまえば返すのが惜しくなる。こういうループができてしまい、友達もなくします。
色々考えて、私は今後人にお金の貸し借りは絶対(命と引き換えは別)しないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>