学生時代はカードローンを使っていたけれど・・・

お金というものは信用と密接に関わっていると思います。なのでお金を借りる時点で「金銭の管理ができない」という烙印を押される事と同様であり、自分の信用が下がるでしょう。ですので、できる限りお金を借りることは避けたいことだと思います。
しかしどうしてもお金が必要になることがある場合、まずは自分の不要なものを売ります。とはいえたいした金額にはならないだろうと思うので、それでどうしようもないくらいのまとまった金額が必要ならば実の両親にお願いします。
その場合、金額にもよりますが大きければきちんと書類を作成し実印を捺印して返済計画を立てて返していきます。
実際に自分は家を建てるときに実家の両親に1000万の借金をお願いしました。そのときにも無理のない返済計画を立てて計画書を提出し、実印を捺印した書類をお互いに持ちあわせ、毎月決まった日に親の口座に返済しています。
自分の姉もまた同じように家を建てるときに親に借金をし返済していたのですが、返済が遅れることがままあり、そのときに親がぼやいていたのを聞いていました。実の親でさえお金に関してルーズなことをすれば信用がなくなるのだと実感し、自分は返済したら必ずメールで「入金しました」と一報入れるようにしています。
結局姉のほうは少し手数料がかかりますが、銀行の自動引き落としを利用して返済するようにしたそうです。
消費者金融については利子率を見るとどうしても大きいように思えてしまい、貧乏性の自分にはその利子分がもったいないように感じます。
また前述のとおり友人に借りることは信用を大きく損なうので、できる限りしようとは思いません。しかしどうしてもすぐにお金が必要で借りなければいけない場合は、借用書を書くかなにか形に残るように(たとえばメールなどで)「借りた日、金額、返済予定日」を知らせます。
できる限り早く返したいですが、日数がかかるようならば定期的に借金の話題をだして「○日に返すからね」と伝えておきます。
しかしなるべく借金はしないように、普段から貯金をしっかりとしておきたいと思いますね。

アルバイト時代はアルバイトが利用できるカードローンを利用することはありました。※アルバイトカードローン

学生時代は何かとお金も無計画に使っていた時もありました。カードローンが増えてアルバイト三昧になったこともありましたね。。。そういった経験から借金とかそういったことにシビアになりましたね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>